転職の考え方

転職を希望する30代前後が増えているのは、35歳限界説があるからか?転職について、あれやこれや、いろいろと考えてみました。

メニュー| 転職を希望する30代が増加 | 転職はキャリアアップ | 転職の社会通念 | 転職は当たり前の時代 | 転職で成功を! | 転職であきらめない |

転職であきらめない

転職であきらめない

転職で苦しむ30代前後の人が、ここ最近増えてきています。ちょっと前までは、会社に一生勤めるのが社会通念のような時もありました。しかし、現在では雇用が流動化し、転職はキャリアアップ、年収アップとして、自分のスキルを高めるための一つの手段としてとらえられています。ですからちょうど30代前後になって仕事もわかり、自分の能力、社会などもわかってきた人が、転職を考え悩むのです。

では、転職の際のポイントとです。それは、よく言われることですが「志望動機」を明確にしておくことです。志望動機は転職活動をするうえでの基盤になる為、自分の中できっちりと明確になるまでは、転職活動を続けても満足できる結果が得られる可能性が低くなります。また、求人の見つけ方、選び方も最近ではe-mail・インターネットを活用し、応募・申し込みができます。その他にも、転職支援者、キャリアコンサルタント等、仲介人を通して行う転職もあります。

いろいろと転職時の注意点はありますが、その中でも転職動機が、仕事が辛いから、職場が嫌だからなどのネガティブな動機からの転職は良い結果が得られにくいでしょう。それは次の職場にいっても必ずといっていいほど直面する問題だからです。これだけの理由の為の転職なら急がずに、次の職場で自分をどう活かしたいのかを考えて希望をもって転職するべきでしょう。結果が確実に変わってきます。

良かったと思える転職をする為には、自分の今までの経験を活かせるキャリアップのための転職が望ましいです。ぜひともその職場で力を発揮するように、普段から仕事に関連した勉強時間などをもうけたり、資格試験を取得することを目標にしてみたりして、前向きに行動していきましょう。

最後まで、あきらめず、転職を通じて自分の能力を高めていきましょう。