転職の考え方

転職を希望する30代前後が増えているのは、35歳限界説があるからか?転職について、あれやこれや、いろいろと考えてみました。

メニュー| 転職を希望する30代が増加 | 転職はキャリアアップ | 転職の社会通念 | 転職は当たり前の時代 | 転職で成功を! | 転職であきらめない |

転職は当たり前の時代

転職は当たり前の時代

転職は昨今当たり前の時代となりました。一つの会社にずっと勤めて、定年を迎えるのが社会通念のような時代もありました。しかし現在では転職はキャリアアップ、年収アップなどのプラスにとられる傾向があります。また企業も率先して中途採用を受け入れています。それは即戦力の人材に活躍してもらいたいという企業とキャリアップを図りたい転職希望者の要望が合致してきているからなのでしょう。

さて、転職の際のポイントとしては、なぜ転職をしたいのか、転職先でどう活動していくのかを明確にしておくことです。ここがいいかげんだと、方向性が定まらず、ただ単に職場を変わっただけというだけで、満足のいく転職ができないかもしれません。時間がかかってもよく考え、相談できる人がいればしてみたらいいと思います。そのあとの転職先の見つけ方は、キャリアコンサルタントなどの転職支援者、仲介人を通じてする方法もありますが、最近ではインターネットによる募集も増えているので、ぜひとも積極的に利用していくべきです。

悩むことも多い転職ですが、注意点としては思いつきで辞めて転職をするのではなく、計画的にしていきましょう。今までの仕事の引き継ぎはどうするのか、転職先にはいつ移るのか。退職から転職まで期間がある場合その間の生活はできるのか。転職によって給料が下がる場合に生活ができるのかなど、問題点の一つ一つを一覧にしてきっちりと対策を立てて動きましょう。

転職をすると決めたら、周りの人々への配慮も忘れないようにしてください。退職する会社のお世話になった上司や同僚への挨拶、取引先などへの挨拶もそうですが、一番は家族に納得してもらえる転職をするということでしょう。自分の気持ちを全部伝えて、応援してもらえるような転職をしましょう。