転職の考え方

転職を希望する30代前後が増えているのは、35歳限界説があるからか?転職について、あれやこれや、いろいろと考えてみました。

メニュー| 転職を希望する30代が増加 | 転職はキャリアアップ | 転職の社会通念 | 転職は当たり前の時代 | 転職で成功を! | 転職であきらめない |

転職の社会通念

転職の社会通念

昔は、転職は悪いこと。根性がない人がするものと思われていました。しかし、転職を希望する30代前後の人が、ここ最近増えてきています。転職をキャリアアップ、年収アップとして考える人が増えたからです。ですからちょうど30代前後になって仕事もわかり、自分の能力、社会などもわかってきた人が、転職を考えたくなるのでしょう。またその上の年齢層40代前後では、すぐにリーダーシップを発揮できる人を企業は率先して、中途採用を受け入れているようです。

さて、転職の際のポイントとしては、なぜ転職をしたいのか、転職先でどう活動していくのかを明確にしておくことです。ここがいいかげんだと、方向性が定まりません。ただ単に、職場を変わっただけという形で終わります。ここで失敗して、満足のいく転職結果が得られなかったという人が多いので要注意です。時間がかかってもよく考え、相談できる人がいればしてみたらいいと思います。そのあとの転職先の見つけ方は、キャリアコンサルタントなどの転職支援者、仲介人を通じてする方法もありますが、最近ではインターネットによる募集も増えているので、ぜひとも積極的に利用していくべきです。

いろいろと、転職時の注意点はあります。まずは、マインド面での注意点です。転職動機が、仕事が辛いから、職場が嫌だからなどのネガティブな動機からでは、転職で成功する人は少ないです。それは、どの職場でも、直面する問題だからです。転職の理由がそれだけなら、急がずに、次の職場で自分をどのように活かしたいのかを考えて希望をもって転職するべきでしょう。結果が確実に変わってきます。

現在いる職場で、力を磨けば、さらに満足のいく転職ができるでしょう。

良かったと思える転職をする為には、自分の今までの経験を活かせるような、キャリアップのための転職が望ましいです。まったく、畑違いの分野へ、転職するとキャリアが継続しないので、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。ぜひとも、その職場で力を発揮するように、普段から仕事に関連した勉強時間などをもうけたり、資格試験を取得することを目標にしてみたりして、前向きに行動していきましょう。