転職の考え方

転職を希望する30代前後が増えているのは、35歳限界説があるからか?転職について、あれやこれや、いろいろと考えてみました。

メニュー| 転職を希望する30代が増加 | 転職はキャリアアップ | 転職の社会通念 | 転職は当たり前の時代 | 転職で成功を! | 転職であきらめない |

転職はキャリアアップ

転職はキャリアアップ

転職をする理由として、最近ではキャリアアップと考えている方が増加しています。そして、企業の方では、率先して中途採用を受け入れています。それは、企業として、新卒をとるのとは別に、即戦力として働ける人材を求めているからです。ですので、キャリアアップを図りたい転職希望者と、即戦力の人材に活躍してもらいたい企業との思惑が一致して、転職をする人が増えているのです。

さて、転職の際のポイントとしては、なぜ転職をしたいのか、転職先でどう活動していくのかを明確にしておくことです。ここがいいかげんだと、方向性が定まらず、ただ単に職場を変わっただけというだけで、満足のいく転職ができないかもしれません。結構、このような失敗をする人が多いので要注意です。

時間がかかってもよく考え、相談できる人がいればしてみたらいいと思います。そのあとの転職先の見つけ方は、転職コンサルタントなどの転職支援者を通じてする方法もありますし、最近ではインターネットによる募集も増えていますので、ぜひとも積極的に利用していくべきです。

いろいろと転職時の注意点はありますが、その中でも転職動機が、仕事が辛いから、職場が嫌だからなどのネガティブな動機からの転職は良い結果が得られにくいでしょう。それは次の職場にいっても必ずといっていいほど直面する問題だからです。これだけの理由の為の転職なら急がずに、次の職場で自分をどう活かしたいのかを考えて希望をもって転職するべきでしょう。結果が確実に変わってきます。

転職をすると決めたら、周りの人々への配慮も忘れないようにしてください。退職する会社のお世話になった上司や同僚への挨拶、取引先などへの挨拶もそうですが、一番は家族に納得してもらえる転職をするということでしょう。自分の気持ちを全部伝えて、応援してもらえるような転職をしましょう。

去る鳥水を濁していると、あとで手痛いしっぺ返しが来るので要注意です。