転職の考え方

転職を希望する30代前後が増えているのは、35歳限界説があるからか?転職について、あれやこれや、いろいろと考えてみました。

メニュー| 転職を希望する30代が増加 | 転職はキャリアアップ | 転職の社会通念 | 転職は当たり前の時代 | 転職で成功を! | 転職であきらめない |

転職を希望する30代が増加

転職を希望する30代が増加

転職を希望する30代前後の人が、ここ最近増加しています。少し前までは、会社に一生勤めるのが社会通念のような時もありました。しかし、現在では転職はキャリアアップ、年収アップとして考える人が多くいます。

僕もそのように考えています。ですからちょうど30代前後になって仕事もわかり、自分の能力、社会などもわかってきた人が、転職を考えたくなるのだと思います。

また、その上の年齢層40代前後では、すぐにリーダーシップを発揮できる人を企業は率先して中途採用として受け入れているようです。

転職の際のポイントをご存知でしょうか?それは、なぜ転職をしたいのか、転職先でどう活動していくのかを明確にしておくことです。ここがいいかげんだと、方向性が定まらず、ただ単に職場を変わっただけというだけで、満足のいく転職ができないかもしれません。時間がかかってもよく考え、相談できる人がいればしてみたらいいと思います。そのあとの転職先の見つけ方は、キャリアコンサルタントなどの転職支援者、仲介人を通じてする方法もありますが、最近ではインターネットによる募集も増えているので、ぜひとも積極的に利用していくべきです。

これから転職をする時の注意点としては、転職して年収を上げたいという経済的理由は誰しもがあると思いますが、お金を意識しすぎると判断を誤ることがあるということです。報酬が多いと思ったら実は営業のノルマがきつかったり、完全能力給制であったりして苦労する可能性もあるのです。落ち着いて自分の実力を活かせる職場を探して転職先に移りましょう。

良かったと思える転職をする為には、自分の今までの経験を活かせるキャリアップのための転職が望ましいです。ぜひともその職場で力を発揮するように、普段から仕事に関連した勉強時間などをもうけたり、資格試験を取得することを目標にしてみたりして、前向きに行動していきましょう。